株式会社ファーム菱潟

私たちファーム菱潟は、安全・安心な「おいしい」米づくりを通じて、地域を元気にします。

お知らせ

お知らせ

ファーム菱潟のメンバー

2007年、新たな経営所得安定対策(農政改革)がスタートした時代。それに伴い、これからの地域農業をどうするのか、私たち兼業農家は真剣に話し合いを行いました。後継者がいない、農業機械が古くなっても買い替えができない、作業場が狭い、田植えは5月の連休にしかできない……など、問題は山積み。このままではだれも農業をする人がいなくなり、せっかく手入れをした田んぼも荒れ地になってしまうことは目に見えていました。

そこで、地域の農業・地域の農地は自分たちで守っていこう、その思いで誕生したのが「農業生産法人株式会社ファーム菱潟」です。ふるさとの環境を守り、安全・安心な「おいしい」米づくりを通じて、地域を元気にする。これを私たちのモットーとし、これからも農業の果たすべき使命に向かって、ひたむきに挑戦を続けてまいります。

私たちは新潟市南区(旧白根市)という場所で農業を営んでいます。

新潟市南区(旧白根市)は、新潟平野の中央部に位置する平均標高3mの平坦地域です。私たちが暮らす庄瀬地区菱潟は、信濃川沿えの肥沃な土地で古くから稲作が行われてきています。この稲作を私たちの時代で終わらせることなく、未来に引き継いでいきたいと思い、共同経営、法人化をしました。特別栽培米「コシヒカリ」「こしいぶき」をはじめ、オクラ、ラディッシュ、冬菜、なば菜、かき菜、オータムポエム、春菊、ちぢみほうれん草の栽培や特別栽培米コシヒカリを使用したおにぎりの販売も行っています。

ファーム菱潟は、エコファーマーに認定されています

田んぼに飛来した白鳥たち

田んぼにやってきたトンボ

ファーム菱潟は、環境にやさしい農業の取り組みが認められ、平成20年から新潟県の「エコファーマー」に認定されています。またそのやさしい農業の結果、田んぼにはおたまじゃくし、赤とんぼが帰って来ました。害虫はクモが駆除してくれます。めだかやドジョウも住んでおり、時には白鳥が遊びに来ることもあります。

お米の特徴

すべて新潟県認証の「特別栽培米」

ファーム菱潟の稲穂

農薬の使用回数や化学肥料の使用量を、通常の半分以下に削減し、栽培された農作物を「特別栽培」として新潟県が認証する制度があります。私たちが栽培している「コシヒカリ」と「こしいぶき」は、化学合成農薬も化学肥料も、すべて地域の慣行栽培に比べて半分以下の使用量に抑えています。また田んぼの地力に応じて、55%、66%減の特別栽培米もつくっております。

土づくりにもひと工夫!

田んぼでの作業の様子

ファーム菱潟は田んぼの条件に合わせて、土づくりにもさまざまな工夫をしております。豚ふん+籾殻(もみがら)堆肥や、オガ粉+ビール粕+ふすま+米糠+乾燥おから+帆立貝の粉砕を利用。完熟堆肥で土づくりを行い、安心安全、そして環境にも優しい生産方式をとっております。

商品紹介

豊かな味わい「特別栽培米こしひかり」

豊かな味わい「特別栽培米こしひかり」

節減対象農薬の使用回数:7回
(一般的な栽培:18回、新潟県認証基準:9回以下)
化学肥料の使用量:2.350kg/10a
(一般的な栽培:6kg/10a、新潟県認証基準:3kg以下/10a)

「ごはんだいすき」(特別栽培米こしいぶき)

「ごはんだいすき」(特別栽培米こしいぶき)

節減対象農薬の使用回数:8回
(一般的な栽培:18回、新潟県認証基準:9回以下)
化学肥料の使用量:2.900kg/10a
(一般的な栽培:6kg/10a、新潟県認証基準:3kg以下/10a)

農薬無散布米も栽培しております

農薬と化学肥料の使用量0%の農薬無散布栽培米は、菜種粕と米ぬかペレットで雑草の出芽を抑え、その後チェーンを引っ張り、除草機を手で押した後、人力で雑草を抜いています。

ご購入はこちらまで

アグリパーク内「にいがた村」にて販売しております

にいがた村の外観

にいがた村での販売の様子

新潟市アグリパーク内「にいがた村」
〒950-1406 新潟県新潟市南区東笠巻新田3044
電話番号:025-362-5889/FAX番号:025-362-2249
営業時間 9:00〜18:00

にいがた村

「おにぎり屋」も期間限定オープン!

おにぎり屋

おにぎり屋

握りたてです!アグリパーク内のにいがた村で、特別栽培コシヒカリを使った、その場で握ったおにぎりを販売しております。握りたてのおいしい「おにぎり」、ぜひ食べてみてください。
冬期間の休業を終え、4月1日(金)より再開いたしました。種類は「塩むすび」「高菜」「紅鮭」「ツナマヨ」「梅」「エゴマ」「たらこ」そして新たに「舞茸五目おにぎり」を販売いたします。

「おにぎり屋」にいがた村アグリパーク店
〒950-1406 新潟県新潟市南区東笠巻新田3044
電話番号:025-362-5889/FAX番号:025-362-2249

ご連絡先・会社概要

株式会社ファーム菱潟
〒950-1443 新潟県新潟市南区菱潟93-1
電話番号:025-373-0020/FAX番号:025-378-6002
メール:kouchi@grace.ocn.ne.jp

社名 株式会社ファーム菱潟
事業内容 ○水稲、野菜の生産・販売
○おにぎりの販売
○農作業受託
所在 新潟県新潟市南区菱潟93番地1
電話番号:025-373-0020
FAX番号:025-378-6002
設立 2007年1月15日
役員 代表取締役:髙地 武夫
取締役:高橋 増夫
監査役:松野 敏一
従業員 常勤2名
パート8名(野菜2名・おにぎり6名)
水稲の管理作業委託7名
取引銀行 ○北越銀行 白根支店 ○JA新潟みらい しろね南支店

沿革

2007年 株式会社ファーム菱潟を設立(1月15日)
認定農業者認定(新潟市長)
特別栽培米の生産開始(2ヘクタール)
2008年 エコファーマー認定(新潟県知事)
直売所開店(にいがた村=共同運営)
2009年 農薬無散布米の生産開始
2010年 コシヒカリ、こしいぶき全面積新潟県認証特別栽培米とする(13ヘクタール)
米殻の出荷又は販売事業登録
認定方針作成者登録
2011年 特別栽培米の収量を抑え、食味重視の作付けに移行
放射性物質検査を独自で実施(以後毎年実施)
2012年 有機農産物等の行程管理責任者講習修了
2014年 食味計導入で区分販売を開始
非主食用米(飼料米)の生産開始
オクラの生産に取り組む
2015年 おにぎり屋開店(にいがた村アグリパーク店)
ゆきん子舞契約栽培開始
冬野菜(菜っ葉)の生産開始
2016年 JGAP認証取得(認証品目:米)
トップへ戻る